前へ
次へ

効率的な営業のサポートになるSFA

これまでの日本における営業といえば、どちらかというと頭脳勝負よりも体育会系であり、根性などが重要視されました。
時代は大きく移り変わり、営業を科学的に効率化するために誕生をしたのがSFAです。
それぞれに営業マンたちは担当の顧客を抱えていますし、日々様々なことが移り変わり変化して情報も常に変わります。
一人で抱えてしまいがちな仕事の進捗状況も、顧客との取引ややり取りまで、営業担当1人が抱えることなく、皆でシェアできるのもSFAです。
それらの情報は一括してデータ化をすることから、これまでのように営業担当のみが情報を握る必要もありません。
共有できる情報は強みであり、その後の進展にも活用ができますし、営業における工程の自動化など、これまでにない生産性を生み出す助けとなります。
加えて情報も進捗も全て皆でシェアすることから、営業や売り上げに関しても全てにおいて、効率的にすることのできる仕組みです。
アメリカでは早くから導入をしていますが、現代日本の企業でも導入は増えています。

Page Top